トップ車検・修理・メンテナンス鈑金塗装その他のサービス中古車販売タイヤ交換取扱いパーツショップ紹介アクセス予約・お問合せ



ATミッション、セレスピード他セミオートマ故障修理
関東運輸局認証 第7−3580号



 ATに関して知識、スキルが乏しいメカニックだと、とかく「触らぬモノには祟り無し」と言った感じで触れない関わらないなんて感じで放置されがちな事が多い現代のAT事情...
 結局、放置され取り返しの付かない段階まで悪化し、乗り換えなんて事にも・・メカニックの端くれとして非常に歯がゆい気持ちになることしばしばです。
 そうならない為にも適切なメンテナンスは必要です。そして症状に応じた適切な修理(治療)が必要です。適材適所にきちんと整備していれば欧州のATを怖がる必要はありません。

 多くの欧州系ATの特徴としてアクセルの踏み込み量に順応した加速重視のシフトアップや、減速時シフトダウンしてエンジンブレーキを掛け車両を安定させて加速に備えてくれたりする事など、とにかくマニュアルシフト車同様なダイレクト感でドライビングを楽しめるATは日本車にはありません。その欧州車にしかないドライビングプレジャーを十分味わう為にも是非、定期的にATの適切なメンテナンスを! 

 先にお伝えした様にメカニックですら経験や認識不足な方が多いので尚更オーナー様が適切な情報をお持ちでないのも当然かも知れません。ATについて、またはメンテナンスについてご不安がありましたら是非ご相談下さい。

※下記リンク(青文字)から参考になるファクトリー通信BlogやHP内情報がご覧になれます。

AT
2ペダルセミAT / ロボタイズドAT
オイル&フルート゛について≫ ATフルードについて 詳細  ミッションオイルについて 詳細
ルノー  DP0 / AD4 / AD8 イージーシステム / クイックシフト5
プジョー AL4 / AT6 / AT8 / AM6
 4HP14 / 4HP20
 2トロニック / ETG5
シトロエン AL4 / AT6 / AT8 / AM6
 4HP14 / 4HP20
 センソドライフ゛ / 6EGS
アルファロメオ  Qシステム / 4HP20 セレスピード
フィアット  ECVT / セレクタ / スピードギア デュアロジック
ランチア ECVT / 4HP20 DFNシステム



戻る